Omamelog

Daily life of mother of autistic child

- Daily life of mother of autistic child -

36歳になって痛感している「なぜ、痩せないのか」という事実

f:id:omame_xxx:20230830133609p:image

 

今年36歳になり、アラフォーに片足を突っ込んだおまめです。

真面目なことだけではなく、たまにふざけてみたり、ありふれた日常についても書きたいなと思っていて。

 

早速ほんと誰得な話なんですが、最近特に感じているのが、これ。

 

「なぜ、やせないのか」

 

35歳になったときも感じてはいました。

でも、36歳になってから改めてしみじみと感じています。

 

痩せないのよ、ほんと。

 

去年から本格的にダイエットをはじめて、1年かけてピークの体重から8Kg減量に成功しました。

でも、妊娠前の体形には程遠い不思議。

 

体重はあと4Kg落とせば妊娠前まで戻るというのに、体形が全くもって戻らない。

そして、36歳になってから、残りの4Kgがビクともしない。

 

そんなこんなで通い始めたチョコザップ。

ジムもセルフエステも24時間使い放題で月額3,278円(税込)のchocozap

3か月通って、大学の授業が始まると3か月休会して、また再開して。

特に上半身の筋トレの効果がすごくて、肩こりは劇的に改善したし、鎖骨も出てきた。

下半身も足のむくみがマシになって、気持ち細くなった気がしている。

 

ところがどっこい、そこからが痩せない。体重も減らない。

 

この本を読んで17時間ファイスティングも始めた。

 

でも、減らない。断固として、そこに居続ける贅肉たちよ。

 

白米をやめ玄米に変えたし、晩御飯はタンパク質を取り入れたメニュー。

水も意識してたくさん飲んでいる。

でも、減らない。

 

ここまできたら原因は、これしかない。

 

摂取カロリー>消費カロリー

 

私の場合は、猫背に巻き型、反り腰、ガニ股など姿勢にも問題ありまくり。

”痩せにくい”体質なのは事実。

 

でも、それらをさておき、結局はカロリーコントロールができていないということ。

 

去年よりも食事内容は良くなっているのに関わらず痩せないのは、基礎代謝も落ちたのかもしれない。

あと、30代はエストロゲン(ホルモン)の分泌量が減少するらしい。

エストロゲンが減ると筋肉量も低下するそうで、「知らないところに肉がついている」現象はこれ。

 

身体の変化について、嘆いていても仕方ない。

私には、「健康でキレイな40歳になる」という目標があるのだ。

 

去年と同じことをして痩せないのであれば、違うことをしなければならない。

ということで、1週間前から夜にもりもり野菜を食べることにしてみた。

 

体重に変化はないけれど、便秘が改善。

 

あと、フォームローラーも買ってみた。

これがもう、めちゃくちゃ痛い。前ももとか、もも横とかゴリゴリする。

小さいおっさんでもおんのかなってくらい痛い。

 

でも、その分かなりスッキリする。セルライトよ、静まりたまえ。

 

フォームローラー種類いろいろあってよく分かんないから安いやつポチってみたけど、問題なさそうよ。

やりすぎはよくないらしいから、気を付けてね。

 

ダイエット仲間たちよ、共に頑張ろう!

 

おまめ